*

消費者金融系と比べて銀行系キャッシングのメリットとは

キャッシングは、大きく分けて銀行系と消費者系の2種類に分けられます。消費者系キャッシングと銀行系キャッシングを比較してみるといろいろな違います。金利をみてみると、銀行キャッシングは、消費者系に比べて低金利で特にその上限金利の安さが大きなメリットです。キャッシングの場合には、たいてい上限金利に近い金利が設定されますから上限金利が安いというのは大切なポイントです。金利だけではなく、借入限度額の高さも銀行系キャッシングのメリットです。それは、消費者系の場合には、総量規制の対象になり年収の3分の1までしかお金を借りる事が出来ませんが、銀行系はその対象にならないのでそれより大きな金額を借りる事が出来ます。つまり消費者系の場合には、年収が少ない人は少額の借入しか出来ない事になりまとまったお金が必要な人には銀行系の方がメリットがあります。審査の面に関しても、銀行系は以前は審査が厳しく、審査の時間が長いというイメージがありましたが、最近では安定した収入があればフリーターやパートの主婦でもお金を借りる事が出来るようになりました。返済に関しても、以前は口座引き落としというスタイルでしたが、今ではATMからの返済が可能になり消費者系と比べても利便性は変わらなくなってきました。最近では、利便性の高いキャッシングを利用する人は増えて来ています。借りる人の都合により消費者系が良いか銀行系が良いかは、変わってきますが自分にメリットの多い方を利用する事が大切です。さらにこちら(⇒利用限度額変更RH138|カードローン追加融資希望の依頼方法)で書かれています。



コメントする